Orchestra Asia / オーケストラ アジア

INDEX

オーケストラ アジアの歴史

「オーケストラ アジア」2010年から現在

2010年
3月9日、中国から劉文金(作曲・指揮)と羅慧芳(琵琶)、雷青定雲(古箏)、楊文娜(二胡)のソリストを招へいして「オーケストラ アジア ジャパン東京公演」(紀尾井ホール)を開催。引き続き3月12日、北京公演(国家図書館音楽庁)を開催。


'10ジャパン
紀尾井ホール公演
 

'10済州島
如美地(ヨミジ)植物園
 

2011年
2月25日紀尾井ホールに於いて、モンゴル、韓国、日本の歌手による国々の民謡と、「江差追分」を主題にした「追分物語」を委嘱初演する。


'11ジャパン
紀尾井ホール公演
 

2012年
6月14日韓国麗水市で開催中の「世界博覧会」で公演。

11月13日から25日の期間に開催する予定の日本・中国公演が、日中の政治的な関係悪化の影響で中止となる。

 

戻る

Orchestra Asia / オーケストラ アジア